若人

起きて

昼前. 輪講資料を眺めつつ, 読書する. 寄生獣が面白い.

なんかカイジがセールになっていたので買った. 後, Cygamesにリスペクトを示した.

Discord

夜, Cheeseに興味がある新入生に紹介をした. こうやって一人で無限に喋るの得意になってきた.

二人共経験者なのでするする分かっていくのでびびった. 大小の差はあれど俺がサークルに入ったときもこんな感じだったんだろうか.

大事なことだけど, 皆好きなようにやればいいと思う. マウスできなくてもそれをやる過程で何かが得られたならばCheese作って良かったんじゃない?という感じだ.

そういえば, 新入生にフォローされて不思議とビビっている自分がいる.

若さというのはある種の希望で, 知らずのうちに彼らに夢を託しているみたいな一面があるのかもしれない. たとえ, 年を取っていく中で出来ることが増えてもうまくやれなかったあの日は変えられないしね.

後輩からすると僕は随分先を歩いてるように見えるだろうけど, 僕は特別何か神がかった才能があるというわけではなくて, ただこの距離は歩いてきた時間の違いだけだと思う.

だから, 臆することなく自分がいいと思う道を突き進んでほしい. 諦めるのはやってからでも遅くないし, 道もいくらでもあるしね.

僕としては明日の萌が作れたら大満足です.