相棒

起きて

11時ぐらい. 終わっている. 授業はオンデマンドなので後で見る. 午後はらってぃー君達とルームマッチ. 初めて1on1で勝った. スズカつえー. というよりセイウンスカイの固有が強すぎる.

後は論文の図を白黒にしたり. epsをghostsciptで白黒にするとなんかサイズが狂ってたんだけど, ps経由でやったら上手くいったので良かった.

夕方にラボミーティングに出つつ, マッキー君のspaceを聞いた. シャニマス, 流れが来ている.

散歩したんだけど, 空がきれいだった.

引っ越しをして今の土地にいるので子供の頃からの付き合いの人はいない(どこ探してもそんな人はもういないんですけどね)し, 中学も遠い私立に行ってしまったので地元に住んでいるけど, 一つとして地元を感じさせる要素がない.(せいぜい小学生の頃の通学路ぐらい?) だから, この街に俺の名前を知っている人はせいぜい家族ぐらいしかいなくて, dangorogoroを知っている人は一人だっていないだろう. それはとても気楽なことであると同時に, 一方でTLを見ると地元の友人とワイワイやっているのを見てそういう道もあるんだと自分に欠けているものに気付かされることがある.

ただ, 今更, どうこうできるものでもないし仕方ないから何もないこの街を夕方になる度に一人で散歩している. 何もない街ではあるけど散歩してみると意外と発見があったりする. 脇道とかきれいな葉っぱとか. 山で暮らす仙人たちもこういったモノを見つけるのが上手いのかもしれない. ぐるぐる歩いてると田んぼ道が出てくる. ホントに東京近傍か?と思いながら空に顔を向けてみるとあたり一面何もないせいか雲がとてもきれいに見えた. この時期は6時でも明るいからなんか得した気分になる. 月も出ていてとてもキレイ. 以前なんかの記事でUFOの発見数が減った(フォトショップの発売後, 突然数が増えたらしい. ウケるね.)のは皆が空を見上げなくなったという話を聞いた. 歩きながらスマホを見て連絡を取り合ったりしているんだろう. だから空の写真は撮られないし, UFOはいなくなってしまった. でも連絡を取る相手もいない僕なので何も考えずにこの田んぼ道から空を見上げている. そういう意味では空は20と数年連れ添った未知の相棒と言えるかもしれない.

地元の温かさというやつをよく分からないまま, 今日まで来た. この街に思い入れはないし, 帰ってきても連絡を入れる相手はいない(だから僕はこの街の居酒屋を一つも知らないし, 入ったこともない). でも, 地元の田んぼ道から見上げる空は見ていてなんだかとても温かい気がした. それが太陽光を浴びて得られた熱によるものなのか, ただの錯覚なのか分からないけど.

食べてすぐ寝込んだ. 穴山…

23時ぐらいに起きてランニングしてプロテインこぼして人を斬りに行った.

SEKIRO

内府軍に奪われた城の城下町あたりを見に行ったけど, マイメンが皆やられていた. 穴山…小太郎… お前の最後の商品, 確かに買い上げたぜ…

奥の方へ行ったら仏師が鬼になっていた. 夜中ずっと戦っていた. 合わせて3時間ぐらい. 本当に強かった…

日傘が頼もしいし, 泣き虫も初めて使ったけどかなり有効だった. 神ふぶきだけがこのゲームの真実かもしれん. 今までSEKIROで培った弾いて体幹ゲージを貯めて忍殺みたいな動きが全くできない(弾いてもHPが削られるのとゲージが長い)ので, 完全にBloodBorneのステップ回避(ガードできるやつはガード)ベースの戦い方に持ち込んでなんとか勝てた.

これは悲しみ.

サボ朗

560g. 太陽光を浴びせつつ, 早めに部屋に戻した. 夏は成長期じゃないらしいので日に当たる時間を減らす作戦. 水やりは土曜日にやるとしてでかくなってきてるので, 植木鉢の換装を測りたい.