前夜祭(お祭り0日目)

起きて

11時過ぎ. よく寝た. 毎回日記を書くのが遅い. でもノリノリだし, しょうがないね.

今日は祖父の誕生日. 祖父は私と一日違いなので毎年こうして一緒に祝っている.

ボードゲーム

ワイナリーというボードゲームをやっていた. ブドウ畑でワインを作る. まるでブドウを植えなかった結果, 盤面が大変なことになった.

今日はそんな感じ. ずっと家でのんびりしていた.

サボ朗

昨日水やりした. 590g. 昔に比べて重さがあまり変わらなくなっている. 成長期ではないのかな. とりあえず, 朝早めに外に出して光合成時間を獲得しつつ, 部屋に戻す時間を早めて湿度の高い時間を回避する作戦でいく.

植木鉢の植え替えをしたいけど, めっちゃ大変そう. 鷲掴みをやるってホントですか???

名取さな

名取さなが25万人いったらしい. しばらく見れてない間にすごいことになってた.

この前, 相互のフォロワーが日記でVTuberと人生の話をしてて(何かこの言い方めっちゃ気恥ずかしいな. SHY BOYなので..), 僕もそんなことを考えていた.

昔はアーカイブを全部見る(池の水全部抜く)気持ちで見てたけど, そんなことをしたが最後生活が壊れてしまうのはまぁまぁ必然だった. 生活を壊すのは大学生の特権みたいなところはあるけどでも僕は研究室入ったわけだし, そんな事もできないし…と思いながらダラダラしていたらVの配信を全く見なくなってしまった.

Vの配信を見なくても, 彼ら彼女らの生活は続いていくし, それと関係なく俺の生活も続く. だから, 「やっていく」みたいな気持ちで自分の生活を放棄している場合じゃない. そんな感じで自分の生活と向き合うことは正しい行動だと思うし, 俺もそんな選択をしたから今の生活を回せているんだけど, でも, 熱量も関係(?)もあの時以上はないんだろうなというほんの少しだけ寂しい気持ちになる.

確かこういう話は私の好きな響け!ユーフォニアムシリーズの短編でも出ていた. 卒業旅行に行く田中あすか達3年生のお話. 僕は晴香先輩(年下の女を俺は今でも先輩と呼ぶよ)がめっちゃ好きで, 彼女はここで自分とあすかはこれからも友達だけど, 今以上にはならないだろうなというふうに分析をしている. 友情は永遠を担保しないし, 更新されていくから. 関係が少しずつ摩耗していくことに対する恐怖. それに対して, 彼女が出した答えは「確かに今, 友達である事を最後の最後まで謳歌する」というなんとも切実なそれでいて勇敢なものだった. お土産を買いに誘うシーンは彼女が泣き虫な部長だった一年前からとても成長している事が感じられて, 本当に眩しかった.

じゃあ, 俺はどうするか. JKだったら一緒に自撮りをしたり, そういう事も出来るんだろうけどでもVirtualだからなー. 結局のところ, 俺にできることなんて文章を書くぐらいだと思う. いつ読んだとしても俺の熱が, 感情が, 言葉が未来の俺に宿って生き続けられるように.

ランニングした. 4km. 短パン小僧になったので走りやすいんだけど, ポッケの鍵がうるさい. それよりもセミがやばい. うるさすぎるだろ…