朝顔・ひょうたん・SFの書き方

起きて

10時ぐらい. 国立歴史民俗博物館に行く. 意外と近い. 駅からめっちゃ歩くことになったけど.

博物館についてから植物苑に行くまで更に歩かなきゃいけないとは思わなかった.

ご飯はガストで食べた. 一人で入るのは初めてかもしれない. 身の回りにあまりないので.

lunch

くらしの植物苑・伝統の朝顔

きっかけは確かツイッターだった気がする. 体はインターネットで出来ている.

歴史博物館の方から歩いて10分. 遠すぎるぜ…

お昼時になっていたので, ところどころ萎んでいるが, ヒルガオもあるし, いいんじゃない?

色んな種類の朝顔があってとてもキレイだった. かなり久しぶりに遠出したので色々写真撮った.

asagao1

asagao2
asagao3
asagao4

渦小人, かなり衝撃的なビジュアル.

これはヘブンリー・ブルー. 名前が良い.

これは朝顔の命名則. 200年前から確立していたのはすごい.

正木(まさき)と出物(でもの)

変化朝顔には正木と出物の二種類の系統があるっぽい. 正木系統は単純な突然変異がみられるもので, どの株からも種子が採れる. 出物系統は非常に変化に富むもの(劣性遺伝子が表れてるっぽい)で珍花奇葉が現れた株を出物と呼び, 表れない株を親木と呼ぶらしい.

出物は種子を残せないので, 親木の中から劣勢遺伝子を持つ親木を探し出すために, 株ごとに種子を保存して, それぞれ育てて出物が出るか見るんだとか.

見極めて厳選する作業は仕分けというみたい.

shiwake

いい写真

shrine

これはいいひょうたん.

読み物

今日は特に. 電車の中でずっとSFの書き方を読んでいた. ジャンルの捉え方は大きく広げていたいというのは本を作る側の意図もあるかもしれない. 俺もそのほうが読書のテリトリーを広げられるので嬉しい.

ただ, 俺はもっと皆が科学に興味を持ってみないー?みたいな位置にいるけどこれは仕方ない. 時代は皆が皆, ポジショントーク.

配信

Apexの大会配信をチラ見したり. 最近, 一ノ瀬うるはさんが好きですね…