俺と名取とインターネット

昨日の夜のことから話をしよう. それが私の書きたい全てでもある.

名取さな

Discordで話をしていたら走る時間になったので, 「皆待っててくださいね!」と言いながらランニングして帰ってきてお風呂に浸かってウキウキで戻ったら, みんな俺を置いて麻雀を終えて退出していた. そんなことある??いや, あるかもしれんな.

ランニングを始めたきっかけは今でも鮮明に覚えてる. それが起源だしね. 話は二年前に戻る. 2019年のクリスマスに名取さなが配信をやっていた. 内容としては性の6時間と称してオリジナルキャラクターを作ったり, 2chのクリスマスコピペを読み上げる回をやっていた.

その日, 僕は研究室で合同の研究発表会に参加していて, 人の発表が燃やされてるのを泣きながら見守っていた. 冬に暖いらずとはこのことで何でこれが燃えるんだ…?みたいな研究も燃やされていて渋い顔をしていたのを覚えている. 途中でそそくさと帰ろうとしてラボの同期から「女だろ?」みたいに言われた. それは合ってるようで間違っている. 人を見る目があるんだかないんだかよく分からないな. 僕は適当に笑って誤魔化してシュシュシュッと帰路についた.

21時から27時に渡る配信で俺は読み上げられるクリスマスの2chコピペでゲラゲラ笑ったり, 真顔になったりしながらPS4のスパイダーマンで遊んでいた. 俺の操作するスパイダーマンはガラス張りのビルを垂直に走り, ワイヤーを使いながらニューヨークの街を飛び回り, 街のトラブルを様々なメカを駆使して解決しながら, 時折読み上げられる2chのクリスマスコピペで真顔になっていた.

これがBloodBorneじゃなくて良かった. どう考えても血を浴びながら2chコピペを聞くのは合わないだろう. いや, クリスマスの赤と血の赤はマッチしすぎるので良くない. スパイダーマンぐらいコミカルさを持ってるほうがよい. そう思いながら慌ててスパイダーマンの衣装を赤以外の色が基調になってるコスチュームに変更した.

話を戻そう. いつもこうやって話が脱線する. 何も考えずに書いてるからこうなる. ランニングの話だ.

オリキャラを作る配信の途中で発表されたのが名取さなの誕生日会という名の単独ソロライブだ. 僕の誕生日会に対する思い入れは前にブログで書いたのでそちらを参照されたし.

さなのばくたん。-ていねいなお誕生日会-に行った

今見るとまとまった文章ではないなと思う. でも, 3月のあの頃の僕はインターンや研究や論文執筆や就活で今以上に追い詰められてたし, これがあのときの僕の精一杯だから何も恥じることはないと思う. 文章は魂の熱さ, 上手さじゃない. もういなくなった綾波レイもそんなことを言っていた.

誕生日会が発表されてから自分も頑張ろうと思った. あの名取がステージの上に立つんだから, 俺も頑張らないと男がすたるぜ. でも, 他の「せんせえ」達みたいにイラストは描けないし, フラワースタンドのデザインや音源を作ることもできないし, 恥ずかしがってVTuberへ「うおおお!」みたいなリプもできない. ファンの皆で集まってプレゼントとかやっている人たちもいたけど, 俺は「せんせえ」の知り合いがいないので画面の前でいつも「ふ、ふーん?」みたいな態度を取っていた. 悲しいね. だから, せめて当日現地で応援している間に体力が尽きてへなへなになることが無いようにランニングをしようと思い, 新年が明けてから走ることにした.

今思うとチケットが発売されてもいないのに随分と気が早いが, 自分にできることなんてせいぜいそれぐらいなのだからそれを丁寧にやっていくしかないのだろう. 何事においても.

最初は1km走るだけでヒーヒー言ってた. 皆, 最後に長距離走ったのはいつ?俺は高校生の頃のマラソン以来だったので実に数年ぶりだった. 今まで, まるで運動してこなかったツケを払っているみたいだった.

それでも, なんとかランニングは続けて少しずつ長い距離を走れるようになってきたし, 誕生日会のチケットも当たったから続けていこうと思った. そう思ってたんだよね.

コロナで中止になった. イベントの数日前だった. 正直, 全部よく分からなかった. 名取さなが申し訳無さそうに報告するのもTLで知らないせんせえが泣いてる(せんせえがやっているツイキャスで泣いてたらしい. あの時のTLは本当にすべての情報が錯綜していた.)のも俺が何もできずにただ立っているのも全部分からなかった.

しかし, 彼女は諦めずにYouTubeライブでお誕生日会をやってのけた. 僕はその姿に心を動かされたし, 人生初めてのサイリウムを折ってみたし, ケーキも買った.

今見ても何でハートを付けてきたのか分からないな…

だから, そんな彼女の姿勢に感化されてお誕生会が終わったあともランニングを続けていた. 正直, その頃はコロナが流行りだした直後のことでワクチンの話もまるでないし, 医療機関が切迫して世界がパニックになっていて, いつになったらマスクを外せるのだろうみたいな話を皆でしていたように思う. 来年になってもオフラインでライブが出来るのかみたいな気持ちでいたし, 何も見通しが立ってなかった.

当時のツイートを見返してみたけどやっぱりオタクだったわ.

それでも, 来たる日に備えてランニングを続ける事にした. 距離を少しずつ伸ばしてタイムも気にしながら走るようになったし, 昼間は人がいるからソーシャルディスタンシングを取るために, 走るのは決まって夜だった.

夜走るのってかなり怖いんだよね. 俺の街は明るい街というよりベットタウンだから街灯はそんなにないし, そのくせ交通が発達してるから道路の近くも走りづらい. だから近くのでかい公園で走ってる. この公園も灯りが少ないし, ランニング用に舗装されているところ以外は森みたいに暗い. 脇道にそれて走ると本当に森で迷子になった気分になるし, 木の根元に足を引っ掛けて転ぶ. この前も転んだ. そんな場所をずっと走ってる.

そして, 翌年の2020年に二回目の誕生日会がオフラインで開催され, 僕も現地へ見に行った. 去年, 一度は中止になったものの, なおもう一度ステージに立った彼女は本当にヴァーチャルアイドルだった. その日の感想は上の記事で見てくれ. 本当に長くなってしまうから.

話は今日に戻る. ランニングを始めたきっかけをなんとなくツイッターでしたら名取さな本人に捕捉されて嬉しいのやら恥ずかしいのやらで大変なことになっていた.

誕生日会に参加したあの日からまた随分, 時間が流れた. 名取さなは活動のテリトリーをどんどん広げてる(つい最近も, 音ゲーで名取の曲が配信されるようになった)し, 新しいファンも増えたし, 僕は忙しくて配信をあまり追えなくなってしまった. VTuberというコンテンツは日々大量の情報が流れ, 見てる人と出す人がインタラクティブなコミュニケーションを取り, 新しく文脈が形成される. こんなに速度と持久力を要求されるコンテンツはそうはないだろう. そういう意味では僕はずっと前から脱落していて, 速度を失ったオタクと言える. この生活をなんとか変えたくて, マイナスをゼロに戻したくて大学院の研究を進めている. 卒業のモチベーションの一つになっている.

人間と人間の関係が深まった先にあるのが恋愛感情や友情だけだとしたら, 配信者と一ファンの, それも速度を失ったオタクでしかない僕は一体どこに着地すればいいのだろう. もし, 扉の向こうに名取さなさんがいたらどうするんだろう. 好ましく思うからこそ, お帰り頂くのかもしれないし, 開けるのかもしれない. 分からない.

いろいろ考えたけど, 結局のところ俺にできることなんてどんなに遅くても走り続けることぐらいしかないのだと思う.

正直, どう返信すればいいのか分からなかった. 果たして, 自分は「ありがとう」と言われるほどの何かが出来たのだろうか?寝て起きてから返信すればいいのか, それともいいねだけしてしないほうがいいのか. でも, クールぶったままではできないことがあって, 言わなければ伝わらないことがあって. 本当は寝ちゃおうと思ったけど, やっぱり起きて返信した. 今しか出来ないと思ったし夜にしか生きられないから.

ランニングは今でも続けている. 5kmぐらいなら涼しい顔をして走ることが出来るようになった. これからランニングをするたびに, 名取さなのことを思い出すのだろう. 約束で誓いで絆みたいなものだから. あの日もう一度ステージに立った彼女のように俺も走り続けていたいし, 10年100年1000年経っても「なんでランニングしてるんですか?」と言われたときにちゃんと答えられるようにありたいな. 1000年は余裕で壊れないように.

起きて

お昼前だったかな?サボテンを外に出し, 二週間に一回の水やりをする.

お昼ゴハンにソース焼きそばを食べた. 焼きそばの上に乗っているのはあおさというものらしい. あれ美味しくない?パックから取り出そうとしたらパックを切るのが下手くそ過ぎた. マイナス千点.

定例会

ロボコンの審査員をやるんだけど, 動画を見たら想像以上に速い. 俺ふっとばされない?後輩に知恵を授かりに行った.

後は後輩の進捗を見守ったり. 部品配置がヤバそうで般若の顔になりながら自動配線を見守っていた. 吸引ファンの配置が厄介すぎるぜ!

太極拳をした. 早く寝た.

インターネット

名取さな. オンゲキやってみるか…

左右対称のピザは工業的とのこと

ゴジハムはアツすぎる…

良いマンがTwitter Proになった. 俺はアマチュア.