ここからは一人で

起きて

また起きれてないやんけ。俺もだけど。

最終日なのでもう大慌て。余った食材をひたすらに消費する。俺がバヤリースオレンジを処理してる間にらってぃー君が牛乳と1v1してたけど、飲みすぎて腹を壊していた。終いやね。

車にまた乗り、渚ドライブウェイへ。

砂浜を走れるというのは新鮮やね。

その後は20分ぐらい水切りをやっていた。論文を読むのは古い。時代は水切りで石を遠くに飛ばす時代。

道の駅でお土産を買ったり。ふくびき券をもらったので引いたら恐竜が出てきた。

昼は8番ラーメン。何回か見かけたけど、全然入る機会がなかったので。なかなか美味しいね。

金沢で人を降ろし、空港へ戻る。

羽田に帰るとほとんどの店が閉まっていたので、丸亀製麺で夕飯を食べた。

光とか

夜のバスに乗って家に帰る。ここは夜でも明るい。石川で運転していたときはもっと暗かった。

皆はほうぼうに飛ぶらしい。関西や中部やいろいろ。むしろ、東京周辺に残る人のほうが少ない。

というのも変な言い方だな。元々、皆、東京周辺に住んでいたわけではなく、大学に通うため上京している感じだし。 だから飛ぶのは自然なことのように思えるし、しかし、それを納得できないでいる自分もいる。

けど、皆が皆、自分のやることを見つけて走り出した。それを応援しようと思う。また集まったら今度は北とか行くか。

タイトルは「息をつめて走りぬけよう」の最終話のタイトルから。