目線とか

起きて

早起き。 仕事をしたり、生活をしたり。

ステーキが美味しい。

料理

いつも作ってるやつをまた作った。練度を上げていこう。

目線

しょうもない話をした。

なんか、スーツのお店とかだとこっちは座ってるときに向こうは膝をついて接客してくるのが嫌い。服汚れちゃうぜ!

だから、僕も椅子から降りたり、目線を合わせようと努力してるんだけど、難しい。昔、高校の高橋先生は学年集会のときに、壇上じゃなくていつも降りて学生と目線を合わせようとしていた。今ならその意味が分かる気がする。

インターネットなんてほとんどパフォーマンスの場だし、ホントのことは一つもしないけど、僕が店員さんと目線を合わせようと努力してるところだけは本当の話。