夜、窓、光

起きて

暑すぎる。バカ?梅雨終わったらしい。

節電

なんか昔フォロワーが「節電のお願いをされて節電する人、頼み込んだらやらせてくれそう」って言ってて最悪ーと思ったがまぁ、言わんとしていることは分かるとなった。

電力需要が逼迫して、節電をしないといけないの、発電に十分な金をかけてこなかった結果でもあるので、俺達がなんとなく従ってこの問題がなぁなぁになったら未来の世代までインフラがしょぼいままになってしまう。

人と社会を永遠に分かつためにもここは一つ停電したほうが良いのでは?などと思った。

俺は全裸中年男性がかっこいいと思ってるので、全裸で立ち向かってる(嘘)けど、飽きたらエアコンつけます。

仕事

お客様ーと叫びながらタスクをアサインする。もうどうなってんねん。でも、世界はかなり適当に回ってるの、ちょっと安心する。

料理をする。今日はそばを製氷機ってやつで氷を作って冷やしてやったぜ!→料理の時間までに氷にならずになんか冷たい水になりました。早めに準備しよう。

そば、茹でるときはちゃんと分解したほうが良い。くっつくから。

これは生活。こういう本当にどうでもいいこと、好きかも。

夜よこノ窓は塗らないデ

何度も読み返してて、いや良いなーつってる。この話では父という言葉が秘匿されているけれど、これはプロデューサーは父にはなれなくて関係の行き着く先を自分たち自身で手探りで見つけていかないといけないんよねーということがひしひし伝わってくる。

shiny3
shiny4
shiny5

ここ最近はずっと発生イベントの謎解きをしていた。謎解きなのか、分からないけれど、でもどうやらシャニマスの公式はこういう仕掛けとか作るらしいって話聞いたし。なにか意味があると考えて解いてみた。

並びは以下のとおりである。(なんか論文書いてたときのことを思い出す書き方でPTSDになりそう)

そもそも「夜よこノ窓は塗らないデ」自体、変な言葉だ。なんでノデがカタカナなんすか?それを抜くと「夜よこ窓は塗らない」とそれらしい文章になるのも。

昼昼昼姉昼

姉を懇談会に呼ぶ話。 これは分かりやすくて、横5つの並びは曜日で左から4つ目、つまり木曜日に姉を呼ぶということ。そのままやね。

shiny6
shiny7
shiny8
この空気感はどうすればいいんですか?

昼白飯昼昼

鍋に白飯を入れるところ。これもそのままだと思う。

でも、分からないことがあって、どうしてこれは「昼昼白飯昼」でもなければ、「昼昼昼白飯」でも「白飯昼昼昼」でもないんだろう。考えすぎのようにも思えるがでもありそうじゃない?意味が。次がそれの答えな気がした。

この話の「人前でやるにはちょっと行儀が悪い『鍋に白飯を入れる』行為の許可を求める七草にちか」と「暖かく見守るプロデューサー」の構図は俺の心の柔らかいところに刺さるぜ!

誠実さ…

shiny2

まぁ、次の話で卵を拒絶してしまうわけですが…

家夕夜族夜

分断の話。

この「自分の買い物のために一緒にちょっと行儀の悪い事をしてくれると思っていた」相手から距離を取られたときの所在なさ気な言い訳と回避行動…

shiny3

家族という言葉が「夕」と「夜」に阻まれているのも寂しいね。ここでポイントになるのはこれまた、文字の並びだと思う。この並びと上の並びを見ると

という感じに家族の間に白米があることが分かる。だってタイトルに「よこ」の文字があるんだし、縦に考えてもええじゃろ。昼白飯昼昼のときは二人の間に白飯というつながりがあったのに、今は夕と夜で隔てられている。

そして、「家」と「族」のどちらがプロデューサーでどちらかが七草にちかなのか。それは最初の発生イベントを見れば、姉の列にいる「族」が七草にちかだろうなということがぼんやり分かる。そして、七草にちかは夜に囲まれている。

夜夜夜夜夜

もう文字そのまま。七草にちかが窓を締め切ってしまい、対話をとろうとしない様が分かる。ディスコミニュケーション。

外食で行儀の悪い食べ方を許容するくせに、卵2パックを買うというマナーの悪そうな行為を認めないスタンスを取ってしまう不器用なプロデューサー… でも正解が分からないから、出来ることをやっていくしかないんだろうね…

shiny1
shiny2

夜夜夜窓夜

一つ前のイベントのプロデューサーの行動やメイクスタッフから明かされる話を受け、ここになって初めて卵や鍋の昔話について七草にちかが語る。そして、プロデューサーも同じように鍋に白飯を入れる「マナーのちょっと悪い」食べ方をする。たとえ鍋は違うものだとしても。

だから、最後の窓の位置は左から4つ目なんだ。七草にちかが締め切ってしまった窓をもう一度開けて対話を取っているから。

だって、窓を目立たせるなら「夜夜窓夜夜」のほうがずっと良い。でも、それを選ばなかったのは七草にちかが開けていることに意味があるんじゃないかと思う。

これは家族にはなれないし、不器用だけど、それでも誠実に向き合おうとするプロデューサーと年長の男性が自分にとっての父親のような存在になれないことを知りながら、その愛情を受け入れたり、向き合っていく七草にちかの二人のコミュニケーションの話なんだなと思った。⎳ℴ ⎷ ℯ…

おまじないが叶うかは分からないけど、祈りがずっと生き続けますように。祈り、好きだー。oino.li(お祈り)もそういう気持ちで取得したから。

shiny4
shiny5
shiny6
shiny7

試してよく分からなかったこと

Q&A

明日やること